不動産の売却について

不動産売却は余裕を持ったスケジューリングで行いましょう。

まず、不動産会社と媒介契約を行うことが必要になります。この媒介契約には3種類の契約内容がありそれぞれの特徴を理解しておくようにしましょう。

専属専任媒介契約

名の通り専属契約を結ぶということです。専属契約した不動産会社以外とは取引することができなく、かつ依頼主は自分で売却先を見つけることが出来なくなります。その反面、不動産会社は1週間に1回業務報告をしてくれるので安心して任せることができます。

専任媒介契約

専属専任媒介契約と異なるところは依頼主が自分で売却先を見つけることができるということです。少し縛りがゆるくなった形だと思ってください。また、不動産会社は1週間に1回の報告ではなく2週間に1回の報告になります。縛りがゆるくなった分報告もスパンが空いてしまうのを理解しましょう。

一般媒介契約

特定の不動産会社との契約はなく複数の会社と契約することができます。依頼主自身で売却先を探すこともできます。しかし、不動産会社からの報告はないため確実に売却先が見つかるかといわれると疑問符が残ります。

不動産会社と契約が済めば売却までは会社が行ってくれるので見つかるまで待ちましょう。

売却の翌年には税金も発生します。税金は不動産譲与所得税と印紙税です。税金の申告漏れや不払いがあると脱税などといわれてしまうので専門家に相談し適切に対処できるようにしてください。