新築住宅を購入するまでの明確なステップについてご紹介します。

人生の節目ともなる、新築住宅の購入。その際に踏むべきステップを理解しておくことで、新築住宅購入までの流れをスムーズにできるだけでなく、より望ましい条件や状態で、マイホームを実現することができるようになります。

念願の新築住宅購入を検討しているあなたには、是非知っておいて頂きたい情報をシェアさせていただきます。

新築住宅購入までの流れについては、次のようなステップが必要です。

  1. 新築住宅購入のための検討
  2. 資料請求や土地の下見、モデルハウスなどの見学
  3. 建売住宅の比較検討は、仲介手数料無料の首都圏版findzeroがお得です。
  4. 新築住宅のレイアウト決定、設計図の確認等
  5. 新築住宅購入費用の計算と資金調達の計画
  6. 住宅ローン利用会社の決定と事前審査
  7. 土地・建物の売買契約・住宅ローンの申込み
  8. 新築住宅の内覧・引き渡し

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

1 新築住宅購入のための検討

まずは新築住宅購入のための検討をしっかりと行います。ご家族で話し合い、どんな生活がしたいか、部屋の間取りや広さはどうするか、といったようなことから、土地の交通の便やスーパー、学校、病院までの距離など、まずは希望する新築住宅のイメージを明確にしていきましょう。

2 資料請求や土地の下見、モデルハウスなどの見学

このステップは、新築住宅購入のために特に重要な部分です。できる限り、新築住宅購入について書かれた本を購入するなどして、下見や見学の際に見ておくべき事項を明確にリストアップしましょう。土地物件の決定や、新築住宅のレイアウトにおいては、選択肢が多くなり迷ってしまう場合もありますから、何を基準に決めるかという優先順位を定めておくと良い結果に結びつきやすくなります。

3 新築住宅のレイアウト決定、設計図の確認等

新築住宅を設計の段階からオーダーする注文住宅の場合に必要なステップです。施工会社にまかせても良いですし、建築設計事務所に依頼することもできます。

4 新築住宅購入費用の計算と資金調達の計画

新築住宅を購入するにあたり、最も重要なキーポイントとなるのが資金計画です。まずは施工会社の見積などを元に、購入金額や税金、その他諸費用、引っ越し代金に至るまで、綿密な計画を作りましょう。新築住宅の購入に必要な金額が出たならば、その費用に対して、自己資金をどれ位頭金となるか、住宅ローンの利用と年数の決定をします。この際、収入に見合った毎月の返済金額を設定するなど、無理のない資金計画になるように留意して下さい。

5 住宅ローン利用会社の決定と事前審査

住宅ローンを利用する場合に必要なステップです。必ず事前審査を受けて、融資を受けられる状態であることを確認します。万が一申込み先の審査で落ちてしまった場合でも、別の会社なら問題なく引き受けてくれる場合がありますので、慎重かつ柔軟に決めていきましょう。

6 土地・建物の売買契約・住宅ローンの申込み

希望の新築住宅と資金の目処が立ったならば、売買契約を取り交わし住宅ローンの申込みを行います。売買契約の際には、「重要事項の説明」を受けますので、こちらは注意して確認する必要があります。

7 新築住宅の内覧・引き渡し

新築住宅の建設が終わったら、内覧、そして引き渡しとなります。ここで注意したいのが、内覧です。内覧は一般用語で、専門的には施主検査と呼ばれます。これは、購入の際に契約した状態と現物が一致しているか、瑕疵がないかなどの「検査」ですので、しっかりと行いましょう。そして、不具合があれば施工業者に補修工事を求めます。注意しておきたいのは、内覧と引き渡しのスケジュールです。施工業者に全て任せていると、内覧から引き渡しまでが3日などになる場合があり、十分な補修工事が行えないこともあります。ですから、内覧でしっかりと検査することはもちろんですが、引き渡しまで1〜2週間ほどの期間をとるようにしておくと良いでしょう。また、慎重を期したい方は、内覧の検査を行う際に、第3者の建築士に立ち会いを依頼することもできます。

以上が新築住宅購入までの7つのステップですが、これらのステップを踏めば、後は夢のマイホームへの引っ越し、入居となります。

それぞれのステップを慎重に行うことにより、将来に渡って住み良い家を建てることができますので、新築住宅購入の際には是非確認していただきたい事項です。